2億4千万の瞳 エキゾチック・ジャパン【1984年リリース】

「2億4千万の瞳 エキゾチック・ジャパン」のオリジナル曲は、1984年2月にリリースされ歌手の郷ひろみさんが歌唱しました。

「2億4千万の瞳 エキゾチック・ジャパン」の売上は21万枚。週間オリコンチャートの順位7位、年間チャートは61位でした。

元ジャニのお二人の共演です。

歌って踊れる男性ソロアイドルのお手本ですよね。


2億4千万の瞳  田原俊彦 


今ではJRになってしまいましたが、国鉄(日本国有鉄道)最後のキャンペーンだった「エキゾチック・ジャパン」のキャンペーンソングです。

当時の日本の総人口が約1億2千万人で瞳の数が2億4千万だったことから曲名がついています。


2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン- 郷ひろみ 




時間よ止まれ【1978年リリース】

「時間よ止まれ」のオリジナル曲は、1978年3月にリリースされ矢沢永吉さんが歌唱しました。

「時間よ止まれ」の週間オリコンチャートの順位は3位、年間チャートは9位でミリオンセラーを記録しました。

レコーディングには、YMOの坂本龍一(Keyboard)さんや高橋幸宏さん(Drums)後藤次利さん(Bass)、斉藤ノブさん(Percussion)、木原敏夫さん(folk Guitar)、相沢行夫さん(Guitar)などそうそうたるメンバーが参加されています。

永ちゃんのバラードの代表的なナンバーですが、カバーしているアーティストが意外と少ない楽曲です。

大友康平さんのカバーです。


大友康平 時間よ止まれ 


資生堂のCMソングとしても有名ですが、当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』に出演しなかったことも、とても印象に残っています。


時間よ止まれ 矢沢永吉  




ボヘミアン【1982年リリース】

「ボヘミアン」のオリジナル曲は、1982年9月にリリースされ歌手の大友裕子さんが歌唱しました。

翌年の5月に歌手の葛城ユキさんが、アルバム『RUNNER』に収録し、ドラマ『赤い足音』の主題歌となったことでシングルカットされされヒットしました。

葛城ユキさんの「ボヘミアン」の週間オリコンチャートは3位、年間チャートは23位でした。

葛城ユキさん=「ボヘミアン」=ハスキーボイスでパンチのきいた女性ロック歌手…という勝手なイメージがあります。^^!


ボヘミアン 葛城ユキ 



チャゲ&飛鳥のセルフカバーもいいですね~


ボヘミアン チャゲ&飛鳥  



大友裕子さんの「ボヘミアン」も気に入ってますが・・・


大友裕子 ボヘミアン 



恋の予感【1984年リリース】

「恋の予感」のオリジナル曲は1984年10月にリリースされ、ロックバンドの安全地帯が歌唱しました。

「恋の予感」の累計売上は、およそ43.6万枚。週間オリコンチャートの順位は3位、1985年の年間チャートは23位でした。

テレビの歌番組やラジオでは、安全地帯の玉置浩二さんの歌をよく聴いていましたが、作詞した井上陽水さんのアルバム『9.5カラット』の中でこの曲をセルフカバーしていたので、井上陽水さんの「恋の予感」が印象に残っていますが・・・

中森明菜さんのしっとりとしたカバーもいい感じですね。
動画も懐かしさがいっぱいです。^^!


中森明菜 恋の予感 


JAのCM曲にも採用された「恋の予感」は、安全地帯の代表曲の一つです。

2010年に活動を再開した安全地帯によって「オレンジ/恋の予感 (2010バージョン)」がセルフカバーされています。


恋の予感 安全地帯 



ごめんよ涙【1989年リリース】

「ごめんよ涙」のオリジナル曲は、1989年4月に歌手の田原俊彦さんが歌唱しました。

「ごめんよ涙」の週間オリコンチャーは1位、年間チャートは23位でした。

カバーされていない曲という印象がありますが…

吉田拓矢さんのアコースティックギターバージョンの弾き語りがイイ感じ…です。^^!


ごめんよ涙 吉田拓矢 


当時の音楽番組『ザ・ベストテン』や『歌のトップテン』でも1位を獲得しました。

今みても、トシちゃんの踊りってキレがあってカッコイイ…ですね。

「ごめんよ涙」は、1989年に放映されたテレビドラマ『教師びんびん物語Ⅱ』の主題歌でもありました。

ジャニー喜多川さんのプロデュース・・・納得の楽曲です。


ごめんよ涙 田原俊彦