夢をあきらめないで【1987年リリース】

「夢をあきらめないで」のオリジナル曲は、1987年2月にリリースされシンガーソングライターの岡村孝子さんによって歌唱されました。

「夢をあきらめないで」のオリコンチャートの順位は50位でしたが…

ただの失恋ソングのつもりで作りました…という「夢をあきらめないで」は、CMや『熱闘甲子園』というテレビ番組でも使用され、岡村孝子さんの解釈を超えて応援歌のスタンダード・ナンバーになりました。

応援歌のほか、音楽の教科書の掲載されたこともあって卒業シーズンの定番曲でもあります。

カバー曲は、あみんを選びました。

 夢をあきらめないで あみん 

「夢をあきらめないで」は、あみんからソロ活動を行った岡村孝子さんの代表曲です。

2019年4月に「急性白血病」の長期治療を発表した岡村孝子さん。

「夢をあきらめないで」急性白血病を乗り越えて、また歌声を聴かせていただきたい…ですね。^^!


夢をあきらめないで  岡村孝子 


サボテンの花【1975年リリース】

「サボテンの花」は、のオリジナル曲は1975年2月にリリースされ音楽グループのチューリップが歌唱しました。

「サボテンの花」のオリコンチャートの順位は19位でした。

また、ドラマ『ひとつ屋根の下』の主題歌として1993年にリバイバルヒットしましたが、ドラマの主題歌は、財津和夫さんのソロでリメイクした「サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜」でした。

多くのアーティストの皆さんがカバーしていますが…。

Yo1ko2(ヨーイチコージ) のカバーです。
Yo1ko2は、3人組アコースティックユニットです。


サボテンの花 - Yo1ko2

一番の歌詞「窓に溶けてゆく」を「窓に降りそそぐ」と間違って歌ってしまったのが、そのまま発売されたそうです。。


サボテンの花 チューリップ 


ff (フォルティシモ)【1985年リリース】

      
「ff (フォルティシモ)」のオリジナル曲は、1985年8月にリリースされロックバンドのHOUND DOG(ハウンド・ドッグ)が歌唱しました。

オリコンチャートの最高位は11位でした。

1985年は、阪神タイガースが21年ぶりセ・リーグ優勝」「松田聖子さんと神田正輝さんが結婚」などの出来事があり、任天堂のファミコンゲームや眉を太く描くメイクなどがが流行しました。

芸能界のゴッド姉ちゃんこと和田アキ子さんのカバーです。


和田アキ子 ff 

元々はボーカルの大友康平さんが詞を手掛けていましたが、スタッフの意向で作詞家の松尾由紀夫さんが書き下ろした詞がレコーディングされたそうです。

数々のCMソングとして起用されましたが、日清カップヌードル「ハングリアン民族」のCMが印象的で、パワーがわいてくる曲ですよね。


ff (フォルティシモ) HOUND DOG 


     

HOWEVER【1997年リリース】

     
「HOWEVER」のオリジナル曲は、1997年8月にリリースされヴィジュアル系ロックバンドのGLAYが歌唱しました。

オリコン週間チャート1位、年間チャートは2位でミリオンセラーを記録しました。

「HOWEVER」が大ヒットした1997年は、「消費税率を5%に引き上げ」「サッカー日本代表がワールドカップへの初出を場決める」「東京湾アクアライン開通」という出来事がありました。

トヨタ「プリウス」が発売され、「失楽園」「ビジュアル系」が流行語でした。

カバーしているアーティストは少ないのですが、多くのアーティストの皆さんがライブやコンサートなどで歌っています。


中居正広 HOWEVER  

GLAY初のミリオンセラーとなった「HOWEVER」ですが、当初、デモテープを聞いたメンバーからは大不評だったというエピソードがあります。

GLAYは、「HOWEVER」から5作連続でシングルのミリオンセラーを達成しました。


GLAY / HOWEVER 

     

     

旅人よ【1966年年リリース】

   
「旅人よ」のオリジナル曲は、1966年10月にリリースされ加山雄三とザ・ランチャーズによって歌唱されました。

発売当初は「夜空を仰いで」のB面でしたが、のちに「旅人よ」の評判が良かったためA面として再発売されました。

「旅人よ」が発売された1966年(昭和41年)は、日本が高度経済成長を遂げた真っ只中で、多くの国民が生活の向上を実感し始めた時期でもあります。

日本の人口が1億人を突破し、「カー、クーラー、カラーテレビ」が「新 三種の神器」と呼ばれ、家庭への普及が本格的に始まりました。

また、世界的に有名なロックバンド『ビートルズ』が来日し、日本武道館で公演を行ったのもこの年の6月です。

多くのアーティストの皆さんが歌番組やコンサートなどで歌っている昭和の名曲です。

そんな中からキャンディーズがライブで歌唱したカバーソングです。


キャンディーズ 旅人よ 

ザ・ランチャーズは、加山雄三さんが集めて結成したグループ・サウンズのバンドです。

活動停止→再結成したザ・ランチャーズでしたが、加山雄三さんのバックバンド的なイメージが強く1971年に解散しました。

「旅人よ」は、年末の紅白歌合戦でも2度歌唱されていて、多くの人に支持されている加山雄三さんの代表曲の一つです。


旅人よ 加山雄三とザ・ランチャーズ