しあわせ芝居♪カバー曲とオリジナル曲

「しあわせ芝居」のオリジナル曲は1977年11月にリリースされ、歌手で女優の桜田淳子さんが歌唱しました。

「しあわせ芝居」の週間オリコンチャートの順位は3位、年間チャートは44位でした。

「しあわせ芝居」は、アイドル路線をひた走り“いつも笑顔”の桜田淳子さんの楽曲を当時シンガーソングライターとして注目されていた中島みゆきさんが初めて担当し、話題を集めました。^^!

ズシリと心に響く井筒香奈江さんのカバーが気に入っています。


 しあわせ芝居 ・ 井筒香奈江 

当時19歳だったアイドル・桜田淳子さんの乙女心に強烈なインパクトを与えた曲だったそうです。

桜田淳子さん、丁寧に歌ってますよね。


 桜田淳子 しあわせ芝居 


別れの朝♪カバー曲とオリジナル曲

「別れの朝」の原曲は『Was Ich Dir Sagen Will』でオーストリアの歌手・ウド・ユルゲンスさんが歌唱しました。

「別れの朝」は1971年10月にリリースされ、音楽バンド・ペドロ&カプリシャスがカバーしました。

「別れの朝」の週間オリコンチャートの順位は1位、年間チャートは8位でした。

「別れの朝」の日本詞訳は原曲とはかなり異なっていますが、シングルレコードの売上は約55万枚でペドロ&カプリシャス最大のヒット曲となりました。

「別れの朝」を多くのアーティストの皆さんがカバーしていますが、初代ボーカル・前野曜子さんの歌はいい感じです。


 別れの朝 ペドロ&カプリシャス 

『Was Ich Dir Sagen Will』の直訳は「君に伝えたいこと」。

ピアノの伴奏がとてもいい曲ですね。


 Udo Jurgens   Was ich dir sagen wil 


春夏秋冬♪カバー曲とオリジナル曲

「春夏秋冬」のオリジナル曲は1972年4月にリリースされ、シンガーソングライターで俳優の泉谷しげるさんが歌唱しました。

「春夏秋冬」の週間オリコンチャートの順位は46位でした。

「春夏秋冬」は、男女問わず多くのアーティストの皆さんがカバーされているところをみると、やっぱり昭和の名曲で人の心を惹きつけますよね。

こちらの動画には見入ってしまいました。


 春夏秋冬 泉谷しげる・小田和正・桑田佳祐・忌野清志郎 

泉谷しげるさん自身も度々セルフカバーしていますが、昭和・平成・令和と歌い継がれているって感がありますよね。^^!


 泉谷しげる 春夏秋冬 


夢一夜♪カバー曲とオリジナル曲

「夢一夜」のオリジナル曲は1978年10月にリリースされ、シンガーソングライターの南こうせつさんが歌唱しました。

「夢一夜」の週間オリコンチャートの順位は3位、年間チャートは30位でした。

1978年、資生堂の冬のキャンペーンソングに起用されました。
CMのモデルを務めた小林麻美さんと楽曲の「夢一夜」がしっとりマッチしていた…という、当時の印象があります。

多くのアーティストの皆さんが歌番組で歌っている印象が強いです。


 夢一夜 林部哲史 


「夢一夜」の曲の着想は、南こうせつさんの奥さんがベートーベンの「テンペスト(ピアノソナタ第17番)」をピアノで弾いてことからなんだそうです。


 南こうせつ 夢一夜 






ロマンス♪カバー曲とオリジナル曲

「ロマンス」のオリジナル曲は1975年7月にリリースされ、歌手の岩崎宏美さんが歌唱しました。

「ロマンス」の週間オリコンチャートの順位は1位、年間チャートは6位でした。

作詞が阿久悠さん、作曲が筒美京平さんという昭和歌謡のヒットメーカーが担当した楽曲で累計では90万枚を売り上げました。

宮本浩次さんのカバーにビビッときましたので、選曲してみました。


 ロマンス 宮本浩次 


「ロマンス」は「第17回日本レコード大賞・新人賞をはじめ数々の音楽賞を受賞し、岩崎宏美さんは1975年の年末の第26回NHK紅白歌合戦に赤組のトップバッターとして出場しました。


 岩崎宏美 ロマンス