旅人よ【1966年年リリース】

   
「旅人よ」のオリジナル曲は、1966年10月にリリースされ加山雄三とザ・ランチャーズによって歌唱されました。

発売当初は「夜空を仰いで」のB面でしたが、のちに「旅人よ」の評判が良かったためA面として再発売されました。

「旅人よ」が発売された1966年(昭和41年)は、日本が高度経済成長を遂げた真っ只中で、多くの国民が生活の向上を実感し始めた時期でもあります。

日本の人口が1億人を突破し、「カー、クーラー、カラーテレビ」が「新 三種の神器」と呼ばれ、家庭への普及が本格的に始まりました。

また、世界的に有名なロックバンド『ビートルズ』が来日し、日本武道館で公演を行ったのもこの年の6月です。

多くのアーティストの皆さんが歌番組やコンサートなどで歌っている昭和の名曲です。

そんな中からキャンディーズがライブで歌唱したカバーソングです。


キャンディーズ 旅人よ 

ザ・ランチャーズは、加山雄三さんが集めて結成したグループ・サウンズのバンドです。

活動停止→再結成したザ・ランチャーズでしたが、加山雄三さんのバックバンド的なイメージが強く1971年に解散しました。

「旅人よ」は、年末の紅白歌合戦でも2度歌唱されていて、多くの人に支持されている加山雄三さんの代表曲の一つです。


旅人よ 加山雄三とザ・ランチャーズ 

   

The Sound of Silence (サウンド・オブ・サイレンス)【1964年リリース】

The Sound of Silence (サウンド・オブ・サイレンス)を初めて聴いたとき…

メロディと歌声がなんて美しい曲なんだ…という強烈な印象がありました。

出だしのイントロをギターで真似してよく弾いた思い出があります。

Julia Westlinさんの歌声も美しいですよね~ ^^!


The Sound Of Silence – Julia Westlin (ACAPELLA)

ビルボード誌で週間ランキング第1位を獲得し、オリコン・シングルチャートでは1位~10位のすべてにランクしました。

映画『卒業』の挿入曲として有名ですよね。

「The Sound of Silence (サウンド・オブ・サイレンス)」は、1965年8月にポール・サイモンのソロアルバムに再収録され、同年6月15日にサイモンとガーファンクルのデビュー・アルバムにも収録されました。

1966年にはシングル・ヴァージョンを発表。日本でも発売されました。


サウンド オブ サイレンス Simon & Garfunkel  


知床旅情【1965年リリース】

「知床旅情」は、映画『地の涯に生きるもの』の撮影のため知床半島の羅臼に長期滞在した際に森繁久彌さんが作詞・作曲を手掛けた楽曲です。

シングルレコードが発売されたのは1965年ですが、1962年に放送された第13回NHK紅白歌合戦では、森繁久彌さん自身が歌唱しました。

その後、1970年11月にリリースした加藤登紀子さんのアルバム『日本哀歌集』に収録され、同年にシングルカットされました。

1971年のオリコンチャートでは、「知床旅情」は7週連続の1位を獲得しました。
この年のオリコン年間チャートでは2位にランクインし、累計の売上は140万枚を記録しています。


知床旅情  加藤登紀子 

多くのアーティストの皆さんがカバーしています。
ご当地ソングではありますが、私たちの心の琴線に触れる昭和の名曲です。

知床旅情 森繁久弥   


上を向いて歩こう(SUKIYAKI)【1961年リリース】

「上を向いて歩こう」のオリジナル曲は、1961年10月にリリースされ坂本九さんが歌唱しました。

「上を向いて歩こう」は、中村八大氏が自身のリサイタルのために制作した楽曲でしたが、他方から推薦で、坂本九さんのシングル曲としてレコーディングされることになりました。

好調な売れ行きを記録しましたが、坂本九さんの独特な歌い回しが気に入らない当時の保守的な日本の歌謡界では高い評価を受けることはありませんでした。日本レコード大賞にも選ばれていない。

しかし、1962年にヨーロッパで「SUKIYAKI」というタイトルで紹介されると、瞬く間にヒットし、世界中のアーティストによってカバーされ、日本での低い評価は打ち消されました。

世界中の多くのアーティストの皆さんがカバーしている中で忌野清志郎&甲本ヒロトの選曲しました。


上を向いて歩こう / 忌野清志郎&甲本ヒロト 上を向いて歩こう

後世に歌い継がれて欲しい日本を代表する名曲です。


上を向いて歩こう - 上を向いて歩こう


愛のさざ波【1968年リリース】

 
「愛のさざなみ」のオリジナル曲は、1968年7月にリリースされ歌手の島倉千代子さんが歌唱しました。

「愛のさざなみ」は、島倉千代子さんにとってオリコン初ランクインの楽曲です。

100万枚の大ヒットとなった「愛のさざ波」は、デビュー15周年記念曲として発表されました。

数多くの歌手の皆さんがカバーしましたが、このお三人のアレンジもお見事ですね。


愛のさざ波 ユーミン、キョンキョン、アンルイス

2013年11月8日午後、肝臓がんのために歌手の島倉千代子さんは亡くなりました。

亡くなる3日前に最後のレコーディングを行い、録音に立ち会った南こうせつさんは、「最後の最後まで歌に生き、歌を愛する姿勢はまさに歌の神様でした」

とその様子を明かしました。

島倉千代子さんの歌手魂には、ただただ頭が下がるばかりです。

「愛のさざ波」は、ずっと歌い継がれて欲しい曲ですよね。


島倉千代子    愛のさざなみ