もしも明日が・・・。【1983年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1983年12月21日
レーベル:フォーライフ
作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし 編曲:佐藤準

「もしも明日が・・・。」は、テレビ朝日系『欽ちゃんのどこまでやるの!?』の挿入歌です。

『欽ちゃんのどこまでやるの!?』通称『欽どこ』から誕生したわらべは、高部知子さん、倉沢淳美さん、高橋真美さん達の3名(のぞみ、かなえ、たまえ)の企画ユニットです。

のぞみ役の高部知子さんがグループから脱退し、新たに2人デュオとして再出発作として発売されました。

意外にもカバーされていない…楽曲ですが、坂本冬美と藤あや子のカバーです。


もしも明日が・・・。 坂本冬美 & 藤あや子

前作の「めだかの兄妹」を上回る売上を記録し、同社調べによる1984年の年間シングルチャート第1位となり97万枚の大ヒットとなりました。


わらべ もしも明日が・・・。(1984)


タイム・トラベル【1978年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1978年4月10日(4枚目のシングル曲)
レーベル:フォーライフレコード
作詞:松本隆 作曲・編曲:原田真二

「タイム・トラベル」は、2011年にスピッツがテレビドラマ『僕とスターの99日』の主題歌としてカバーして話題を集めました。


Spitz – Time Travel

「タイム・トラベル」は、歌詞が先に仕上がっているものに曲をつけるという、詩先で作曲に臨んだそうです。

ストーリー仕立てで字数も多かったた詞に悪戦苦闘していましたが、原田さんは、長野に旅行中、温泉につかりながらメロディーが浮かびすぐ曲を書き上げたそうです。

「時間旅行のツアーはいかが…」という印象的なフレーズの繰り返しがいいですね。


原田真二 タイム・トラベル


ふたりの愛ランド【1984年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1984年4月21日(コラボレーション・シングル曲)
レーベル:ラジオシティ
作詞:チャゲ・松井五郎 作曲:チャゲ 編曲:平野孝幸

「ふたりの愛ランド」は、JAL’84 沖縄キャンペーンソングでミスタードーナツのCMソングに採用されました。

当初の歌詞には「ココナッツ」と入れていましたが、ココナッツは沖縄にはないことから、苦肉の策として「ここは夏」を「ココ夏」に変更したというエピソードがあります。

SMAPとCHAGEさんのコラボです。


CHAGE&SMAP – ふたりの愛ランド
 

飛鳥涼(ASKA)さんの影に隠れてしまった感のチャゲさんを前面に押し出して売り出す機会にハマったのが「ふたりの愛ランド」です。

男女のデュエットを想定せずに自分の歌いやすいキーで作曲していたため、その後キーの合わせ方にかなり苦労したんだそうです。

累計売上は45万枚…。


石川優子&チャゲ – ふたりの愛ランド


『いちご白書』をもう一度【1975年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1975年8月1日(シングル曲)
レーベル:CBSソニー
作詞・作曲:荒井由実 編曲:瀬尾一三

「『いちご白書』をもう一度」は、ユーミン(松任谷由実さん)が卒業を間近にして、過ぎ去った学生時代を思い出すという内容の曲です。

大勢のアーティストがカバーしているところをみると・・・
多くの人たちの心に響く思い入れ深い昭和の名曲ではないでしょうか。

天地真理さんのカバーを選曲してみました。^^!


天地真理 ☆「いちご白書」をもう一度

バンバンに提供した楽曲をユーミンもセルフカバーしています。


松任谷由実 いちご白書 をもう一度

歌詞に歌われている『いちご白書』とは、1970年に公開されたアメリカ映画のことだそうです。
多くのアーティストがカバーしている名曲です。


バンバン 「いちご白書」をもう一度


チョット【1993年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1993年2月10日(3枚目のシングル曲)
レーベル:東芝EMI
作詞:大黒摩季 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし

織田哲郎さんのセルフカバーです。

グッと大人っぽい感じになっていて、どことなく切なさを感じます。


チョット 織田哲郎

大黒摩季さんが作曲を務めていない珍しい楽曲です。

歌い出しの「チョット待ってよ・・・」が、頭から離れない印象的ですよね。

テレビドラマのオープニングに起用され、80万枚以上をセールしました。


チョット/大黒摩季