SEPTEMBER【1979年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1979年8月21日 (3枚目のシングル曲)
レーベル:RVC
作詞:松本隆 作曲・編曲:林哲司  

1979年12月末の「第21回日本レコード大賞」では新人賞を獲得。
オリコンチャートでは10.3万枚セールスしました。

ラジオ番組などで必ず流される9月ソングの代表作です。
もっと大勢のアーティストの方にカバーしてもらいたい…ですね。


松田聖子 西城秀樹 セプテンバー

B面に収録された「涙のワンサイデッド・ラヴ」の作詞・作曲は竹内まりやさん本人が行いましたが、編曲は山下達郎さんが担当していました。


Mariya Takeuchi 竹内まりや – September (LIVE 1980)


みずいろの手紙【1973年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1973年9月25日 (2枚目のシングル曲)
レーベル:キャニオンレコード
作詞:阿久悠 作曲・編曲:三木たかし

「みずいろの手紙」は、デビュー作の「コーヒーショップで」に次ぐヒットで、約26万枚をセールスしました。

1974年10月ファースト・アルバム『あした悪魔になあれ』で、木之内みどりさんがカバーしました。


みずいろの手紙 みどり

翌1974年12月末に放映された「第25回NHK紅白歌合戦」に、表題曲で初出場を果たしました。

この時は冒頭のセリフをを「全国の皆様、お元気ですか? そして今年も紅組が勝つと、言って下さいますね?」とアレンジして歌った動画がこちらです。

ギター伴奏は、フランス出身のギタリストであるクロード・チアリさんです。

クリック⇒ あべ静江 – みずいろの手紙


吾亦紅(われもこう)【2007年リリース】

【楽曲情報】
リリース:2007年2月21日
レーベル:テイチクエンタテインメント
作詞:ちあき哲也 作曲:杉本眞人 編曲:すぎもとバンド

「吾亦紅」の初回の発売枚数はわずか258枚だったそうですが、北海道のラジオ番組で話題となり、2007年3月のミニライブでは曲を聴いた観客が号泣したことから、注目曲となっていきました。

多くのアーティストがカバーする中で、研ナオコさんを選曲してみました。


「吾亦紅」 LIVE 研ナオコ

「吾亦紅」のヒットによってすぎもとまさとさんは、58歳8ヶ月で「第58回NHK紅白歌合戦」に初出場しました。

日本人男性ソロ歌手としては最年長記録です。

日本人の心にジーンと響いてしまう詞を聴けば…涙が溢れてきますね。


吾亦紅/ すぎもと まさと 


夜空ノムコウ【1998年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1998年1月14日 (SMAPの27枚目のシングル曲)
レーベル:ビクターエンタテインメント
作詞:スガシカオ 作曲:川村結花

多くのアーティストもカバーしている「夜空ノムコウ」は、のちに作詞者のスガシカオさんも作曲者の川村結花さんらがセルフカバーしています。

作詞の締切り間近に迫っていた飛行機での移動中30分で書き上げた…という名曲が生まれるエピソードがあります。

「夜空ノムコウ」の詞は、飛行機の機内で生まれたそうです。

SMAPが歌っているところ初めて聴いた時、ハッとしたが「ぼくの心のやわらかい場所を今でもまだしめつける~♪」でした。
今でもこの詞が大好きです。


スガシカオ  夜空ノムコウ


aiko&川村結花 夜空ノムコウ  

2002年4月から中学2、3年生の音楽の教科書に掲載されたんだそうです。
シングルの累計出荷枚数は180万枚(2016年9月時点)。
SMAPのシングルとしては歴代2位です。

ちょっと短い動画ですが…


夜空ノムコウ  SMAP 


涙のシークレットラブ【1976年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1976年7月20日(通算7枚目のシングル曲)
レーベル:東芝EXPRESS
作詞・作曲:宇崎竜童 

山口百恵さんがこの曲を聴いて「宇崎さんに曲を書いてもらおう…」と思い、楽曲提供のきっかけになったのが「涙のシークレットラブ」です。

百恵さんのカバー動画はないのが残念ですが…。


内藤やす子 涙のシークレットラブ

作詞は奥さんの阿木燿子さんではありません。

宇崎さんがメロディーとともに作っているのが珍しいですね。


涙のシークレットラブ by 宇崎 竜童