夢をあきらめないで【1987年リリース】

「夢をあきらめないで」のオリジナル曲は、1987年2月にリリースされシンガーソングライターの岡村孝子さんによって歌唱されました。

「夢をあきらめないで」のオリコンチャートの順位は50位でしたが…

ただの失恋ソングのつもりで作りました…という「夢をあきらめないで」は、CMや『熱闘甲子園』というテレビ番組でも使用され、岡村孝子さんの解釈を超えて応援歌のスタンダード・ナンバーになりました。

応援歌のほか、音楽の教科書の掲載されたこともあって卒業シーズンの定番曲でもあります。

カバー曲は、あみんを選びました。

 夢をあきらめないで あみん 

「夢をあきらめないで」は、あみんからソロ活動を行った岡村孝子さんの代表曲です。

2019年4月に「急性白血病」の長期治療を発表した岡村孝子さん。

「夢をあきらめないで」急性白血病を乗り越えて、また歌声を聴かせていただきたい…ですね。^^!


夢をあきらめないで  岡村孝子 


サボテンの花【1975年リリース】

「サボテンの花」は、のオリジナル曲は1975年2月にリリースされ音楽グループのチューリップが歌唱しました。

「サボテンの花」のオリコンチャートの順位は19位でした。

また、ドラマ『ひとつ屋根の下』の主題歌として1993年にリバイバルヒットしましたが、ドラマの主題歌は、財津和夫さんのソロでリメイクした「サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜」でした。

多くのアーティストの皆さんがカバーしていますが…。

Yo1ko2(ヨーイチコージ) のカバーです。
Yo1ko2は、3人組アコースティックユニットです。


サボテンの花 - Yo1ko2

一番の歌詞「窓に溶けてゆく」を「窓に降りそそぐ」と間違って歌ってしまったのが、そのまま発売されたそうです。。


サボテンの花 チューリップ 


ff (フォルティシモ)【1985年リリース】

      
「ff (フォルティシモ)」のオリジナル曲は、1985年8月にリリースされロックバンドのHOUND DOG(ハウンド・ドッグ)が歌唱しました。

オリコンチャートの最高位は11位でした。

1985年は、阪神タイガースが21年ぶりセ・リーグ優勝」「松田聖子さんと神田正輝さんが結婚」などの出来事があり、任天堂のファミコンゲームや眉を太く描くメイクなどがが流行しました。

芸能界のゴッド姉ちゃんこと和田アキ子さんのカバーです。


和田アキ子 ff 

元々はボーカルの大友康平さんが詞を手掛けていましたが、スタッフの意向で作詞家の松尾由紀夫さんが書き下ろした詞がレコーディングされたそうです。

数々のCMソングとして起用されましたが、日清カップヌードル「ハングリアン民族」のCMが印象的で、パワーがわいてくる曲ですよね。


ff (フォルティシモ) HOUND DOG