桜【カバー曲とオリジナル曲】

「桜」のオリジナル曲は、2005年11月にリリースされ音楽デュオ・コブクロが歌唱しました。
「桜」の週間オリコンチャートの順位は3位、年間チャートは61位(2005年)30位(2006年)でした。

桜花咲くこの時期には、数多くの「桜ソング」を耳にします。
誰にでも口ずさんでしまいたくなる「桜のマイソング」が一つや二つはある筈ですが、コブクロの「桜」は、歌詞が心の奥底に響く名曲ではないでしょうか。

熊木杏里さんのカバーです。


熊木杏里 – 桜 


収録された数あるコブクロの「桜」中で、ファンには超有名な黒田さんが感極まった動画です。
小渕さんのハモリも際立って、聴いている側の涙腺も緩んじゃいますよね ^^!


 コブクロ 桜 




やさしい悪魔【カバー曲とオリジナル】

「やさしい悪魔」のオリジナル曲は、1977年3月にアイドルグループのキャンディーズが歌唱しました。

「やさしい悪魔」の週間オリコンチャートの順位は4位、年間チャートは27位で52万枚を売り上げました。

キャンディーズのベスト・ソングに挙げられる「やさしい悪魔」は、それまでの清楚なイメージの衣装をアン・ルイスさんによる大胆なデビルデザインに一新し、喜多條忠さんの作詞とキャンディーズのファンだった吉田拓郎さんが作曲を手掛けました。

音域の広い難曲だと言われた「やさしい悪魔」は、拓郎さんがレコーディングでキャンディーズに歌唱指導をしたいがために、わざと難しくしたと噂されています。

後に拓郎さんは、キャンディーズファンだったことも認めていますが、レコーディングで音をつくり上げていくことが楽しくて仕方なかった…と語っています。

ということで、拓郎さんのセルフカバーを選曲してみました。

 やさしい悪魔:吉田拓郎 



キャンディーズ自身も『私たちの代表曲』と語った「やさしい悪魔」は、キャンディーズ最大のヒット曲です。
音楽的に完成度が高く、今でも聴いて楽しめる名曲なんじゃないでしょうか。

 やさしい悪魔 キャンディーズ 






チェルシーの唄【カバー曲とオリジナル曲】

「チェルシーの唄」のオリジナル曲は、1977年にリリースされフォークデュオ・シモンズが歌唱しました。

CMソングだった「チェルシーの唄」の売上やオリコンチャートの順位はよくわかりません。

女性のアーティストのカバーが目立ちますが・・・

小林亜星さんの曲と安井かずみさんの詞、とても美しい…ですよね。


 チェルシーの唄 南沙織 



シモンズは、田中ユミ、玉井タエの女性フォークデュオです。

100曲を超えるCMソングを歌唱しているシモンズですが、もっとも有名な曲が明治製菓のチェルシーのCMソングです。


 シモンズ チェルシーの唄  






愛燦燦【カバー曲とオリジナル曲】

「愛燦燦」のオリジナル曲は、1986年5月にリリースされ、「歌謡界の女王」美空ひばりさんが歌唱しました。

「愛燦燦」の週間オリコンチャートの順位は69位と振るいませんでしたが、美空ひばりさんの遺作となった「川の流れのように」と共に多くのメディアに取り上げられました。

1991年には再発売されたことや多くのアーティスの皆さんがカバーしたことで、美空ひばりさんの代表作として今でも親しまれている名曲です。

どなたのカバーにしようか迷いましたが、小椋佳さんのセルフカバーを選曲してみました。

 小椋佳 愛燦燦 



CMソングだった「愛燦燦」は、担当ディレクターの「包容力がほしい」意向でシンガーソングライターの小椋佳さんが制作した楽曲です。

この曲が今なお親しまれているのは、イントロから「何とも包まれてしまう感に慕ってしまうから…」なんて個人的に思ったりしています。^^!


 愛燦燦 ♪美空ひばり