時代おくれ【1986年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1986年8月27日(河島英五さんのシングル曲)
レーベル:CBS・ソニー
作詞: 阿久悠  作曲: 森田公一

もしかしたら、カラオケで中年男性が十八番(オハコ)にしているソングNo1がこの曲ではないでしょうか。

森田公一さんのセルフカバーです。


時代おくれ ~ 森田公一 

私は、2番の歌詞が大好きで聴いていると鳥肌が立ってきます。

“男を感じさせる曲だなぁ・・・”なんだと思いますが、阿久悠さんの詞が男心にビリビリ響いてきます。

何も言わず黙って河島英五さんのオリジナル曲の「時代おくれ」を聴いてみてください。


河島英五 時代おくれ

革ジャンでピアノを弾く英五さん!カッコよすぎますね。

英五さんの生歌が聴けないことが残念です。


RASPBERRY DREAM(ラズベリー・ドリーム)【1986年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1986年5月2日(レベッカの5枚目のシングル曲)
レーベル:CBSソニー
作詞:NOKKO 作曲:土橋安騎夫 編曲:レベッカ

「RASPBERRY DREAM」は、前作の「フレンズ」に引き続きオリコンTOP10入りしたレベッカの代表曲です。
西村知美さんが出演した「ページワン洗顔フォーム」のCMソングとしても有名です。

アレンジがちょっと変わったデーモン閣下のカバーです。


デーモン閣下 RASPBERRY DREAM

静岡県浜松市の中田島砂丘で撮影されたといプロモーションビデオでは、ボーカルのNOKKOさんが幼少期に習っていたバレエをちょっとだけ披露しています。

NOKKOさんは、2002年と2015年にこの曲をセルフカバーしています。


レベッカ RASPBERRY DREAM


恋人がサンタクロース【1980年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1980年12月1日 (松任谷由実さんの10枚目のアルバム曲)
レーベル:東芝EMI
作詞・作曲:松任谷由美

「恋人がサンタクロース」は、シングルカットされていない楽曲ですが、多くのアーティストの皆さんがカバーをしているJ-POPクリスマスソングの定番のひとつです。

「恋人がサンタクロース」の大ヒットによって“子供たちのイベントだったクリスマスが、恋人たちの一大恋愛イベントに変わった”と言われましたが…

その通りだと思います。

数多くのカバーの中からこちらを選曲してみました。


Flower 『恋人がサンタクロース (Short Version)』 

1987年公開の映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌としても有名ですよね。^^!


松任谷由美 恋人がサンタクロース


そして僕は途方に暮れる【1984年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1984年9月21日(大沢誉志幸さんの5枚目のシングル曲)
レーベル:EPIC RECORDS
作詞:銀色夏生 作曲:大沢誉志幸

「そして僕は途方に暮れる」は、「凍てついたラリー」というタイトルで他の歌手へ提供する目的で作られた曲だと言うから驚きです!

カップヌードルのCMソングに起用され、2008年には大沢誉志幸さんのデビュー25周年を記念して、新アレンジの「そして僕は途方に暮れる」を発売されました。

高杉さと美さんのカバーが一番気に入っています。^^!
            ↓ ↓ ↓

そして僕は途方に暮れる 高杉さと美

多くのアーティストのカバーしているところをみると、途方に暮れるような出来事に遭遇した時には、この曲を口ずさんでしまうのではないでしょうか。

色せない大沢誉志幸さん名曲、オリジナル曲です。


大沢誉志幸 そして僕は途方に暮れる


Goodbye Day【1981年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1981年7月21日
レーベル:キティレコード
作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:松任谷正隆 

「Goodbye Day」は、ドラマ『愛のホットライン』の主題歌やテレビアニメ『みゆき』の挿入歌に採用されましたた。

郷ひろみさんが歌っています。


Goodbye Day 郷ひろみ 

有線放送では第1位を獲得したアルバム曲の名曲です。


来生たかお Goodbye day Live(1990, Nagano)