夢をあきらめないで【1987年リリース】

「夢をあきらめないで」のオリジナル曲は、1987年2月にリリースされシンガーソングライターの岡村孝子さんによって歌唱されました。

「夢をあきらめないで」のオリコンチャートの順位は50位でしたが…

ただの失恋ソングのつもりで作りました…という「夢をあきらめないで」は、CMや『熱闘甲子園』というテレビ番組でも使用され、岡村孝子さんの解釈を超えて応援歌のスタンダード・ナンバーになりました。

応援歌のほか、音楽の教科書の掲載されたこともあって卒業シーズンの定番曲でもあります。

カバー曲は、宮崎奈穂子さんです。


夢をあきらめないで 宮崎奈穂子 

「夢をあきらめないで」は、あみんからソロ活動を行った岡村孝子さんの代表曲です。

2019年4月に「急性白血病」の長期治療を発表した岡村孝子さん。

「夢をあきらめないで」急性白血病を乗り越えて、また歌声を聴かせていただきたい…ですね。^^!


夢をあきらめないで  岡村孝子 


ff (フォルティシモ)【1985年リリース】

      
「ff (フォルティシモ)」のオリジナル曲は、1985年8月にリリースされロックバンドのHOUND DOG(ハウンド・ドッグ)が歌唱しました。

オリコンチャートの最高位は11位でした。

1985年は、阪神タイガースが21年ぶりセ・リーグ優勝」「松田聖子さんと神田正輝さんが結婚」などの出来事があり、任天堂のファミコンゲームや眉を太く描くメイクなどがが流行しました。

芸能界のゴッド姉ちゃんこと和田アキ子さんのカバーです。


和田アキ子 ff 

元々はボーカルの大友康平さんが詞を手掛けていましたが、スタッフの意向で作詞家の松尾由紀夫さんが書き下ろした詞がレコーディングされたそうです。

数々のCMソングとして起用されましたが、日清カップヌードル「ハングリアン民族」のCMが印象的で、パワーがわいてくる曲ですよね。


ff (フォルティシモ) HOUND DOG 


     

もしもピアノが弾けたなら【1981年リリース】

「もしもピアノが弾けたなら」のオリジナル曲は、1981年4月にリリースされha俳優で歌手の西田敏行さんによって歌唱されました。

「もしもピアノが弾けたなら」のオリコン週間チャート4位、年間では25位でした。

1981年は、「校内暴力が史上最高を記録」「パイオニアのレーザーディスク・プレーヤー LD-1000がヒット」「なめネコと貸しレコード店の大流行」しました。。

2012年12月にソロデビューしたシンガーソングライターで作家・女優の新山詩織さんのカバーです。


新山詩織 もしもピアノが弾けたなら 

「もしもピアノが弾けたなら」は、1981年に放映された西田敏行さん主演の『池中玄太80キロ』第2シリーズの挿入歌として作られたシングル曲でした。

視聴者からの反響が大きかったことから後に主題歌となり、A面とB面の立場が入れ替わりました。


もしもピアノが弾けたなら  西田敏行 


想い出がいっぱい【1983年リリース】

   
「想い出がいっぱい」のオリジナル曲は、1983年3月と1996年1月にリリースされ、音楽デュオH2O(エイチツーオー)が歌唱しました。

オリコン週間チャートの最高位は6位。1983年の年間順位は20位でした。

この年の4月15日に東京ディズニーランドが開園し、年末には来場者数が800万人を突破してブームを巻き起こしました。

また、テクノカット(もみあげを鋭角に剃り、襟足を刈り上げて整えた髪型)という男性の髪型が流行したのもこの年です。

大勢のアーティストの皆さんがカバーしている中で、2003年アニソンのカバーアルバムをリリースした下川みくにさんをカバーを選曲しました。

想い出がいっぱい 下川 みくに 

  
  
  
「想い出がいっぱい」は、テレビアニメ『みゆき』の主題歌に起用されてヒットしました。

中学校・高校の音楽の授業のほか、合唱コンクールで選曲されることも多く、卒業ソングとして紹介された「想い出がいっぱい」は、幅広い年齢層から支持されている楽曲です。

H2O  想い出がいっぱい 

  

リフレインが叫んでる【1988年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1988年11月26日
レーベル:EXPRESS
作詞・作曲:松任谷由実 プロディース:松任谷正隆

「リフレインが叫んでる」は、シングル曲としては発売されませんでしたが、一般の方々にも認知度の高い曲でユーミンの代表曲の一つでもあります。

意外にも男性アーティストの皆さんがカバーしている楽曲です。


西城秀樹 リフレインが叫んでる

ドラマやCMにも起用され、有線チャートでは1位を獲得しました。
ミュージック・ビデオが作成された都合で、そのヴァージョンがプロモーション・シングルとしてシングルカットされた経緯があります。


松任谷由実 リフレインが叫んでる