innocent world【1994年リリース】

「innocent world」は、1994年6月にリリースされたMr.Childrenの5枚目のシングル曲です。

【楽曲情報】
リリース:1994年6月1日
レーベル:トイズファクトリー
作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children

初のオリコン週間チャート1位を獲得をかわきりに、その後2か月足らずで100万枚を突破しました。1994年度のオリコン年間シングルチャート1位を獲得。
「innocent world」のヒットによって過去の作品が再びチャートにランクインするなど大きな相乗効果も生まれ、Mr.Childrenの快進撃が始まりました。

最終的なセールスは、193.6万枚を記録しました。


森 恵 innocent world 
 

恋愛感情よりも客観的な風刺を織り交ぜたメッセージ性の強いの楽曲になったのは、歌詞をダメ出しされた桜井和寿さんが悩みに悩み抜いた挙句、思い浮かんだを詞をメモして完成させました。

「innocent world(無垢な世界)がいいな、憧れるな、ではなく、時にはそういうものと別れてしまう場面もあるわけで・・・」と当時のことを桜井さんは、振り返っています。


Mr.Children innocent world


春よ、来い【1994年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1994年10月24日
レーベル:EXPRESS(東芝EMI)
作詞・作曲:松任谷由実 編曲: 松任谷正隆

「春よ、来い」は、同名の連続テレビ小説主題歌でカップリングなしの500円シングルとして発売されました。

小学校や中学校の卒業ソングとしても人気があり、音楽の教科書や詩としての中学の国語教科書にも掲載されました。
馴染みがある人も多いんじゃないでしょうか。

弾き語りのカバーです。


春よ、来い  吉岡聖恵
 

オリジナル曲は、松任谷正隆さんのピアノがいい感じで曲を引き立たていますね。


松任谷由実 春よ、来い


赤いスイートピー【1982年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1982年1月21日(松田聖子さんの8枚目のシングル曲)
レーベル:CBSソニー
作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂

作曲者の呉田軽穂さんとはシンガーソングライターの松任谷由実さんのペンネームで、ユーミンの曲です。

この曲は、徳永英明さんが『VOCALIST 4』でカバーしたことでも有名ですよね。

男性女性を問わず、多くのアーティストの皆さんがカバーしている中から、今回は綾瀬はるかさんのカバーです。
2010年5月の発売された『松本隆に捧ぐ-風街DNA-』に収録されたもので、素朴さがいい感じでもっと聴きたい・・・と思わせる歌声です。


綾瀬はるか 赤いスィートピー


赤いスイートピー 松田聖子

ちなみにですが・・・
この楽曲がリリースされた当時のスイートピーは、ピンクが主流で実在しなかったカラーで作詞家の松本隆さんの想像だったそうです。

この曲が大好きだったスイートピーの栽培農家の方が、「歌に出てくるような赤いスイートピーがあったらどんなにキレイだろう……」という思いで、15年かけて赤いスイートピーの栽培に成功したんだそうです。

赤いスイートピーは、栽培農家の方の努力とこの曲のおかげ・・・だったんですね。^^!