雨【1990年リリース】

   
「雨」のオリジナル曲は、1990年9月にリリースされシンガーソングライターの森高千里さんが歌唱しました。

オリコン週間チャート2位でした。

“雨の日に聴きたい曲ランキング”では、男性・女性ともに1位となっているのが森高千里さんの「雨」です。

失恋ソングとしての知名度も抜群で、男女の多くのアーティストがカバーしている楽曲です。

カバーソングにも定評のある新鋭の歌手Ms.OOJA(ミス・オオジャ)さんのカバーです。


Ms.OOJA – 雨

「雨」には、(Album version) (ロック・バージョン) (Full Length Version)  (アコースティックVersion)など多くのアレンジがあります。


森高千里  雨

   

明日があるさ【1963年リリース】

   
「明日があるさ」のオリジナル曲は、1963年12月にリリースされ歌手で俳優の坂本九さんが歌唱しました。

オリコン週間チャート1位でした。

坂本九さんが生前の番組収録で最後に歌った曲が、この「明日があるさ」だったそうです。

ウルフルズは、「バンザイ~好きでよかった~」のブレイク後、この曲のシングル化で再び人気を盛り返しました。

多くのアーティストの皆さんが歌唱していますよね。



ウルフルズ 明日があるさ

自分に自信が持てず、意中の女性に恋心を打ち明けられないにもかかわらず、前向きに日々を過ごす男子学生をコミカルに表現しています。

男なら誰だって心当りがあり、通っていかなければならない恋路・・・!?です。

多くの男性歌手がカバーしている気持ちがよくわかります。


坂本 九 明日があるさ

   

ダンシングヒーロー【1985年リリース】

   
「ダンシング・ヒーロー」のオリジナル曲は、1985年に世界的に大ヒットした「Eat You Up(イート・ユー・アップ)」で、イギリス人のシンガー・アンジー・ゴールドさんが歌唱しました。

日本では1985年11月に「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」としてリリースされ、歌手の荻野目洋子さんがカバーしました。

オリコン週間チャート5位、年間チャートは12位でした。

バブル時代ならでは・・・という印象でしたが・・・時代は変わっても若人のパワーで、再び世の中を盛り上げてくれましたね。


荻野目洋子(Yoko Oginome) – ダンシング・ヒーロー

登美丘高校ダンス部の動画をみて、カバー曲のブログを復活させようって思いました。

彼女たちのキレキレでユーモアがあるダンスには、親しみと懐かしがあってとてもいい感じ…ですね。


荻野目洋子&登美丘高校ダンス部「バブリーダンス」御堂筋ランウェイ 2017.11 大阪/ダンシングヒーロー
 

原曲は、ユーロビートの全盛を彷彿させるアンジー・ゴールドさんです ^^!


Eat You Up – Angie Gold