眠れぬ夜【1975年リリース】

「眠れぬ夜」のオリジナル曲は、1975年12月にリリースされ歌手の音楽グループのオフコースが歌唱しました。

「眠れぬ夜」は、アルバム「ワインの匂い」からのシングルカットされた曲で当初はバラード調の曲でしたが、レコーディングの際にミディアム・テンポのロック調にアレンジが変更されました。

1980年12月に通算36枚目のシングルとして西城秀樹さんによってカバーされ、約27万枚を売り上げてヒットしました。


西城秀樹  眠れぬ夜

眠れない夜って誰にでもあることですが、恋からみだと…

この曲が心に響きますね。

オフコース  眠れぬ夜


Missing【1986年リリース】

  
「Missing(ミッシング)」のオリジナル曲は、1986年9月にリリースされシンガーソングライターの久保田利伸さんが歌唱しました。

アルバム『SHAKE IT PARADISE』に収録されましたが、シングルカットされませんでした、

それでも「Missing」を支持するファンは多く、久保田利伸さんの代表曲の1つです。

とにかく…大勢のアーティストにもカバーされている昭和の名曲です。

歌に自信がある人なら(そうでない人も)歌いたくなってしまう名曲です。


Che’Nelle – Missing

久保田利伸さんの1stアルバム『SHAKE IT PARADISE』を初めて聴いた時の衝撃と…

「Missing」を聴いた時、鳥肌が立ったことを懐かしく思い出します!

いつ聴いてもカッコイイ・・・曲ですよね。


久保田利伸 Missing

  

人生いろいろ【1987年リリース】

   
「人生いろいろ」のオリジナル曲は、1987年4月にリリースされ歌手の島倉千代子さんが歌唱しました。

オリコン週間チャート16位、年間チャートは1988年が54位、1989年が72位でした。

100位以内に86週ランクインし、130万枚以上をセールスしました。

この大ヒット曲により島倉千代子さんは、1988年の第30回日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞しました。

よく歌唱される曲ではありますが、実際にカバーしているアーティストは少ないようです。


テレサ・テン 人生いろいろ

この曲が大ヒットした理由は、当時の人気番組だった「オレたちひょうきん族」の「ひょうきんベストテン」コーナーで、山田邦子さんが島倉千代子さんのものまねをしながら同曲を歌唱し、同番組を視聴していた若者らにウケたのがきっかけとも言われています。


山田邦子と島倉千代子 人生いろいろ

 

 
人生いろいろ、男も女もいろいろ音符♪ 昭和の終わり頃の名曲です。


島倉千代子 人生いろいろ

   

川の流れのように 【1989年リリース】

  
「川の流れのように」のオリジナル曲は、1989年1月にリリースされ歌手の美空ひばりさんが歌唱しました。

オリコン週間チャート8位、週間チャートは、1989年が35位、1990年が78位でした。

この曲は、歌謡界の女王と言われた美空ひばりさんの生前最後に発表された楽曲です。

美空ひばりさんは、平成元年が始まって僅か半年余りの1989年6月24日、52歳で死去しました。

没後、シングル盤が売上を伸ばして150万枚を売り上げました。

この曲の『川』とは、当時、作詞を手掛けたAKB48やおニャンコクラブのプロディースで有名な秋元康さんが手掛けました。

当時は、ニューヨークに在住しており、自宅から見えるイーストリバーを見て作詞しました。

2003年8月に放映されたドラマシリーズの主題歌になったカバー曲です。

オリジナル曲とは、趣きが異なって今風のカバー曲になっています。


椿 川の流れのように

幼少期から長年にわたり歌謡界を牽引し続けてきた美空ひばりさんが最後の楽曲だからこそ、私たちへのメッセージとして大きく響きます。

ことあるごと歌いたくなる…聴きたくなる…名曲ですね。

美空ひばりさんのオリジナル曲です。


美空ひばり 川の流れのように

  

津軽恋女【1987年リリース

  
「津軽恋女」のオリジナル曲は、1987年にリリースされ歌手の新沼謙治さんが歌唱しました。

オリコン週間チャート85位。

津軽に降る七つの雪(こな雪、つぶ雪、わた雪、ざらめ雪、みず雪、かた雪、春待つ氷雪)をこの曲で知りました。

名曲ですが、カバーしている歌手が少ないですね。

カラオケで歌い聞かせて欲しい曲だと思います。

長山洋子さんのカバーです。


津軽恋女:長山洋子 2018

オリコンでの最高位は85位でしたが、新沼謙治さんが大切に歌い続けたことにより息の長いヒットとなりました。

新沼謙治さんの代表曲のひとつとなっています。


新沼謙治 津軽恋女