さよならのオーシャン♪カバー曲とオリジナル曲

「さよならのオーシャン」のオリジナル曲は1986年5月にリリースされ、シンガーソングライターの杉山清貴さんが歌唱しました。

「さよならのオーシャン」の週間オリコンチャートの順位は4位、年間チャートは45位でした。

「さよならのオーシャン」は、「杉山清貴&オメガトライブ」解散後のソロ活動を行った最初のシングル曲です。

カバーは杉山清貴さんのセルフカバーでアコースティックバージョンです。


 さよならのオーシャン 杉山清貴 

砂浜、ドライブ…夏の思い出が蘇る一曲です。

昭和の曲ではありますが、若くして亡くなってしまった親友が大好きだった曲で、彼の影響でクルマの中でよく聴いた思い出の曲でもあります。

もっと多くのアーティスの皆さんにカバーして貰えたらいいんだけれど…^^!


 Kiyotaka Sugiyama   Sayonara no ocean 


私の16才(ねぇねぇねぇ) ♪カバー曲とオリジナル曲

「私の16才」のオリジナル曲は1979年4月にリリースされ、歌手の森まどかさんが2枚目のシングル曲「ねぇねぇねぇ」というタイトルで歌唱しました。

「私の16才」の週間オリコンチャートの順位は22位でした。

キョンキョンのデビュー曲「私の16才」は、「ねぇねぇねぇ」のカバー曲だったんです。

この曲を歌っていた頃のキョンキョンには強烈なインパクトがあったことを思い出します。


 小泉今日子 私の16才 

改めて聴いてみると、森まどかさんの「ねぇねぇねぇ」もイイ感じっですよね。^^!


 森まどか 『ねえ・ねえ・ねえ』 


ハローグッバイ ♪カバー曲とオリジナル曲

「ハローグッバイ」のオリジナル曲は1975年12月にリリースされ、香港出身の歌手でエッセイストのアグネス・チャンさんが歌唱しました。

アグネス・チャンさんの「ハローグッバイ」は、12枚目のシングル曲「冬の日の帰り道」のB面に収録されていました。

1981年10月に柏原芳恵さんの7枚目のシングル曲としてリリースされた「ハローグッバイ」の週間オリコンチャートの順位は6位、年間チャートは45位で60万枚を売り上げヒットしました。


 ハロー・グッバイ  柏原よしえ 

当時はレコード盤のB面に収録されたいたので、アグネス・チャンさんが歌っていたことは柏原芳恵さんのリリース後に知りました。

アグネス・チャンさんの歌っていたことも驚きましたが、後に歌詞に出てくる「紅茶のおいしい喫茶店」は、シンガーソングライターの南こうせつさんのお兄さんが経営していた店がモデルだったことも驚きです。^^!


 アグネス・チャン 「ハロー・グッドバイ」 


このまま君だけを奪い去りたい♪カバー曲とオリジナル曲

「このまま君だけを奪い去りたい」のオリジナル曲は1993年3月にリリースされ、DEEN(ディーン)のボーカル・池森秀一さんが歌唱しました。

「このまま君だけを奪い去りたい」の週間オリコンチャートの順位は2位、年間チャートは12位でした。

「このまま君だけを奪い去りたい」はコード進行的にもメロディー的にも“極めてオーソドックスな曲”で、池森クンが極めて丁寧にオーソドックスに歌い上げていると作曲を担当した織田哲郎さんは語っています。

カバーは、織田哲郎さんのセルフカバーです。


 このまま君だけを奪い去りたい 織田哲郎 

NTT DoCoMo ポケベルのCMソングだったこともあるせいか、
今振り返ってみると、90年代ならでは曲って感じがします。^^!

タイトルのインパクトがあって懐かしい…ですね。。


 DEEN このまま君だけを奪い去りたい 


雨の物語♪カバー曲とオリジナル曲

「雨の物語」のオリジナル曲は1977年3月にリリースされ、シンガーソングライターのイルカさんが歌唱しました。

「雨の物語」の週間オリコンチャートの順位は16位、年間チャートは34位でした。

30万枚を超える売上を記録した「雨の物語」は、イルカさんとしては「なごり雪」に次ぐをヒット作なんだそうです。

伊勢正三さんが所属したフォークグループ・風のカバーです。


 雨の物語 風 

伊勢正三さんの詞は、スッと入り込んでくる描写の仕方がとても心地いいですよね。^^!


 雨の物語 (シングルバージョン) イルカ