イメージの詩♪カバー曲とオリジナル曲

「イメージの詩」のオリジナル曲は1970年6月にリリースされ、シンガーソングライターで音楽プロデューサーの吉田拓郎さんが歌唱しました。

「イメージの詩」は、吉田拓郎さんも参加した「広島フォーク村」名義のアルバム『古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう』に収録されたものを後にエリックレコードで発売されました。。

「イメージの詩」は、1997年10月に浜田省吾の28枚目のシングル曲としてリリースされました。

「何なんだ、この字余りな歌は…」と多くの若者たちの衝撃を与えた「イメージの詩」。

そんな若者のだった一人の明石家さんまさんは、この曲を『人生の教科書』だと表現しています。
そのさんまさんの肝いりでカバーされた稲垣来泉さんの「イメージの詩」を拓郎さんは絶賛しています。


 『漁港の肉子ちゃん』主題歌「イメージの詩」MV / 稲垣来泉 

素朴なメロディラインにギター伴奏…

若き拓郎さんの心に浮かぶイメージを歌いあげていく歌詞が、聴いた者それぞれに強烈な詩がドラマとしてイメージされちゃう曲ですよね。^^!


 よしだたくろう「イメージの詩」自主制作盤