ダンシング・オールナイト

「ダンシング・オールナイト」のオリジナル曲は、1980年4月にリリースされオもんた&ブラザーズのボーカル・もんたよしのりさんが歌唱しました。

「ダンシング・オールナイト」の週間オリコンチャートの順位は1位、月間チャート(6月、7月、8月)が1位、年間チャートも1位でした。

「ダンシング・オールナイト」は、累計200万枚を売り上げ、1980年代のオリコンシングルチャート売り上げランキング第1位でした。

当時の歌番組『ザ・ベストテン』の第1位も独占していた記憶があります。

カバー曲は、いい感じにカバーされている島津亜矢さんです。


 島津亜矢  ダンシング・オールナイト 

1971年にデビューし、鳴かず飛ばずでヒットからは程遠かったもんたよしのりさんが、最後のチャンスとして結成してリリースしたのが「ダンシング・オールナイト」です。

ハスキーボイスとパンチの効いたボーカルのもんたよしのりさん。見た目のギャップも相まって、強烈なインパクト与えてくれました。

今聴いてもいい曲ですよね。^^!


 もんた&ブラザーズ ダンシング・オールナイト 


リンダ♪カバー曲とオリジナル曲

「リンダ」のオリジナル曲は、1980年8月にリリースされ歌手のアン・ルイスさんが歌唱しました。

「リンダ」の週間オリコンチャートの順位は33位でした。

「リンダ」は、1980年7月リリースされたアルバム『リンダ』からシングル・カットされました。

桑名正博さんと結婚するアン・ルイスさんに、友人であるの竹内まりやさんが「名前にちなんだ歌をプレゼントしたい・・・」という気持ちがこの曲になりました。

カバー曲は、のちにセルフカバーした竹内まりやさんです。


 リンダ  アン・ルイス 

竹内まりやさんが、初めて他のアーティストに提供した楽曲でもあります。

まりや節、いいですよね。^^!


 竹内まりや リンダ 


わかれうた♪カバー曲とオリジナル曲

「わかれうた」のオリジナル曲は、1977年9月にリリースされ中島みゆきさんが歌唱しました。

「わかれうた」の週間オリコンチャートの順位は1位、1987年の年間チャートは10位でした。

当時のみゆきさんは、テレビの歌番組ではお目にかかれませんでしたが、「わかれうた」がヒットした時に、『夜のヒットスタジオ』に出演されました。

男性女性を問わず多くのアーティスの皆さんがカバーしているのは納得です。みゆきさんの詞はインパクト強過ぎ・・・でしたね。

カバー曲は、「春なのに」等、みゆきさんから楽曲提供を受けたことがある柏原芳恵さんを選びました。


 わかれうた 柏原芳恵 

この曲で中島みゆきさんの存在を知りました。^^!

でも、『中島みゆきのオールナイトニッポン』の明るいキャラのみゆきさんと「わかれうた」を歌唱するみゆきさんとのギャップが大きすぎて、同一人物だと思えるようになるまでには時間が掛かった記憶があります。

中学生時代の月曜深夜25:00~(火曜未明)、親にバレないように布団の中で聴いた『中島みゆきのオールナイトニッポン』には、ラジオの楽しさを教えていただきました。


 中島みゆき わかれうた 


想い出まくら♪カバー曲とオリジナル曲

「想い出まくら」のオリジナル曲は、1975年5月にリリースされシンガーソングライターの小坂恭子さんが歌唱しました。

小坂恭子さんは、第5回ヤマハポプコン(1973年)にて「私の好きな組み合わせ」で最優秀歌唱賞を受賞し、1974年の第7回のポプコンにて「恋のささやき」にてグランプリに輝き、メジャーデビューしました。

翌年の1975年にリリースした「想い出まくら」が大ヒットしました。

女性の哀愁を表現する昭和の名曲で、多くの女性アーティストの皆さんがカバーしています。

カバー曲は、安倍里葎子さんです。


 安倍里葎子 想い出まくら 

「想い出まくら」は、130万枚(一説では85万枚)を超える大ヒットとなり、小坂恭子さんの代表曲です。^^!

昭和の哀愁が漂った曲ですよね。


 想い出まくら 小坂恭子