ハートのエースが出てこない【1975年リリース】

「ハートのエースが出てこない」のオリジナル曲は、1975年12月にリリースされ女性3人組のアイドルグループ・キャンディーズが歌唱しました。

「ハートのエースが出てこない」のオリコン週間チャート1位、1976年の年間チャートは87位でした。

シングルの売上は累計33万枚(解散コンサートの時点)。

1975年は、沖縄国際海洋博覧会開幕し、3億円事件の時効が成立した年です。

トレンチコートやブーツが流行し、使い捨てライター「チルチルミチル」や「マルちゃんのきつねうどん」、「ペヤングソース焼そば」などがヒット商品でした。

ノーランズの英語カバーを選んでみました。


ハートのエースが出てこない  THE NOLANS 

「ハートのエースが出てこない」は、ソロ、ユニゾン、2声和音、3声和音など色んな歌い方を取り入れバラエティーに富む楽曲です。

キャンディーズのラスト・シングル「微笑がえし」(1978年2月リリース)には、「ハートのエースが出てきましたよ」という歌詞が盛り込まれ、「ハートのエースが出てこない」を意識した曲になっています。

キャンディーズのメンバーだった伊藤蘭さんはソロ歌手デビューすることを発表し、2019年5月29日に41年の時を越えてアルバム『My Bouquet』をリリースしました。


キャンディーズ   ハートのエースが出てこない 


サボテンの花【1975年リリース】

「サボテンの花」は、のオリジナル曲は1975年2月にリリースされ音楽グループのチューリップが歌唱しました。

「サボテンの花」のオリコンチャートの順位は19位でした。

また、ドラマ『ひとつ屋根の下』の主題歌として1993年にリバイバルヒットしましたが、ドラマの主題歌は、財津和夫さんのソロでリメイクした「サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜」でした。

多くのアーティストの皆さんがカバーしていますが…。

Yo1ko2(ヨーイチコージ) のカバーです。
Yo1ko2は、3人組アコースティックユニットです。


サボテンの花 - Yo1ko2

一番の歌詞「窓に溶けてゆく」を「窓に降りそそぐ」と間違って歌ってしまったのが、そのまま発売されたそうです。。


サボテンの花 チューリップ 


四つのお願い【1970年リリース】

「四つのお願い」のオリジナル曲は1970年4月にリリースされ、ちあきなおみさんが歌唱しました。

「四つのお願い」の累計売上は37枚。オリコンチャートの最高位は4位を獲得しました。

この年は、日本万国博覧会(大阪万博)が3月15日から9月13日までの半年間開催されました。

日本中が万博に熱狂している最中にヒットしたのが「四つのお願い」です。

男性アーティストがカバーしづらい歌詞であるため、カバーしているのは殆どが女性アーティスの皆さんです。

O’s(オズ)のカバーです。O’sは、長崎県出身の姉妹デュオです。
2006年2月アルバム『あなたとならば』に収録されました。


四つのお願い O’s

「四つのお願い」の発売当時のちあきなおみさんは、「お色気アイドル路線」と言われたようですが…
当時の動画を観ると、「お色気アイドル…」言われた所以がわかりますよね。

歌唱力もバツグンです。

曲名が差別用語を連想させることから、テレビ放送やCDなどベスト盤への収録が自粛された経緯あり、今でもいオリジナル楽曲がCD化されていないんだそうです。


ちあきなおみ 四つのお願い 


くちなしの花【1973年リリース】

「くちなしの花」のオリジナル曲は、1973年8月にリリースされ渡哲也さんが歌唱してヒットしました。

「くちなしの花」の売り上げは累計で約90万枚です。

大勢のアーティストの皆さんがカバーする中で、石原裕次郎さんの動画を選びました。

裕次郎さんが歌う「くちなしの花」は、何の抵抗もなくすらっと聴けちゃいますよね。^^!


くちなしの花  石原裕次郎

1974年、有線放送から火がついてヒットした「くちなしの花」によって、渡哲也さんはこの年の紅白歌合戦に出場しています。

団長の角刈り姿に当時の勢いを感じてしまいます。


くちなしの花 渡哲也 


赤い風船【1973年リリース】

「赤い風船」のオリジナル曲は、1973年4月にリリースされました。

1965年から1990年まで放映された人気ドラマ『時間ですよ』の中で、浅田美代子さんによって歌唱されました。

「赤い風船」は、80万枚の累計売上を記録しています。

お茶の間で家族みんなでテレビをみていた時代ですから…お茶の間からヒットと言っても過言ではありません。^^!

今では考えられない生放送でドラマを放送する…という先駆者的な番組で、お茶の間を大いに盛り上げましたよね。

浅田美代子さんと共演していた天地真理さんの「赤い風船」です。


赤い風船  天地 真理 

浅田美代子さんの歌唱力にはヒヤヒヤさせられましたが、その歌唱力も「赤い風船」の魅力でした。


赤い風船  浅田美代子 堺正章 天地真理