明日があるさ【1963年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1963年12月1日(坂本九さんの通算18曲目のシングル曲)
レーベル:東芝レコード 東芝EMI
作詞:青島幸男 作曲:中村八大

坂本九さんが生前の番組収録で最後に歌った曲が、この「明日があるさ」だったそうです。

ウルフルズは、「バンザイ~好きでよかった~」のブレイク後、この曲のシングル化で再び人気を盛り返しました。



ウルフルズ 明日があるさ

自分に自信が持てず、意中の女性に恋心を打ち明けられないにもかかわらず、前向きに日々を過ごす男子学生をコミカルに表現しています。

男なら誰だって心当りがあり、通っていかなければならない恋路・・・!?です。

多くの男性歌手がカバーしている気持ちがよくわかります。


坂本 九 明日があるさ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です