気絶するほど悩ましい【1977年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1977年6月25日(Charさんの2枚目のシングル曲)
レーベル:ポニーキャニオン
作詞:阿久悠 作曲:梅垣達志

この曲は、自身のROCK指向とは異なり、外部の作詞・作曲で「歌謡ROCK」の路線としてアイドル系ギタリストとして人気を博しました。

1978年には『逆光線』『闘牛士』がヒットして、 同時期の世良公則&twist,原田真二の三方と共『ロック御三家』と呼ばれました。

中森明菜さんのカバーは、気持ちが込められた熱い歌唱がいいですね。


中森明菜 気絶するほど悩ましい

2015年5月にリリースされたCharさんのアニヴァーサリー・アルバム『ROCK+』に収録された『7月7日』は、『気絶するほど悩ましい』のアンサーソングで福山雅治さんが楽曲を提供しました。


Char 気絶するほど悩ましい
 


MUGO・ん…色っぽい 【1988年リリース】

【楽曲情報】
リリース:1988年8月24日(工藤静香さんの通算5枚目のシングル曲)
レーベル:ポニーキャニオン
作詞:中島みゆき 作曲:後藤次利

女性に歌って欲しい曲って感じがあります。オリジナルもいいけど、こちらもいいかも・・・


皆口裕子 (姉ヶ崎寧々)  MUGO・ん…色っぽい

さびの部分の振り付けをできる女子が多かった・・・という印象があります。
途中のセリフが「毎回違っていたとか・・・!?」話題になりました。


工藤静香 – MU.GO.ん…色っぽい