ワインレッドの心♪カバー曲とオリジナル曲

「ワインレッドの心」のオリジナル曲は1983年11月にリリースされ、ロックバンド・安全地帯のボーカル・玉置浩二さんが歌唱しました。

「ワインレッドの心」の週間オリコンチャートの順位は1位、年間チャートは2位でした。

サントリーのスイートワイン「赤玉パンチ」のCMソングとしても、強烈な印象が残っています。

この曲が流れると、作詞した井上陽水さんのがセルフカバーした『9.5カラット』というアルバムをよく聴いたことをことを思い出します。



 ワインレッドの心 井上陽水 


安全地帯の名を世に知らしめたのが「ワインレッドの心」でした。

バンドが目指した方向とは違い、売れそうな曲をとヒット曲が出ない安全地帯の玉置浩二さんが、1週間自宅に閉じ籠って作った曲です。



 安全地帯 ワインレッドの心 


こちらの安全地帯もいいですョ!


 ワインレッドの心 安全地帯 






夏をあきらめて♪カバー曲とオリジナル曲

「夏をあきらめて」のオリジナル曲は1982年7月にアルバム曲に収録され、サザンの桑田さんが歌唱しました。

「夏をあきらめて」は、1982年9月に研ナオコさんのカバーシングルがリリースされました。

「夏をあきらめて」のカバー曲の週間オリコンチャートの順位は5位、1982年の年間チャートは74位、1983年の年間チャートは68位でした。

研ナオコさんの「夏をあきらめて」がオリジナルだと思っている人も多いんじゃないでしょうか。


 研ナオコ 夏をあきらめて 


サザンの昭和の楽曲もサイコー ^^!


 サザンオールスターズ – 夏をあきらめて 






すみれ September Love♪カバー曲とオリジナル曲

「すみれ September Love」のオリジナル曲は1982年7月ににリリースされ、ロックバンドの一風堂が歌唱しました。

「すみれ September Love」の週間オリコンチャートの順位は2位、月間チャートは2位でした。
約45万枚をセースした9月を代表するヒット曲です。
1997年10月にヴィジュアル系ロックバンド・SHAZNA(シャズナ)がカバーしました。
『ビートたけしのTVタックル』のエンディングテーマに採用され、約65万枚をセールスしてオリジナル曲を上回る売上を記録しました。


 SHAZNA – Sumire September Love  


「一風堂」は1978年-1984年まで活動したバンドで、メンバーは土屋昌巳さん、見岳章さん、藤井章司さん、平田謙吾さんです。

当時、ボーカル兼リードギターの土屋昌巳さんは、土屋昌巳さんイギリスの人気バンド・ジャパンのワールドツアーにサポートメンバーとして参加していて、ロンドンから中継でTV出演して注目を集めました。



 すみれ September Love 一風堂 








め組のひと♪カバー曲とオリジナル曲

「め組のひと」のオリジナル曲は1983年4月にリリースされ、音楽バンドのラッツ&スターが歌唱しました。

「め組のひと」の週間オリコンチャートの順位は1位、年間チャートは10位でした。

1983年夏の資生堂キャンペーンソングとしてのインパクトがありましたが、
「シャネルズ」から「ラッツ&スター」へとバンド名を改名後に初めて発表されてシングル曲とあって、
『どうして改名しちゃったのかなぁ~』なんても疑問を持った頃が懐かしいです。


決めポーズの「めっ!」は、この曲の代名詞ですよね。



 倖田來未 め組のひと 


< 夏がテーマの代表曲ですが、曲名にもなった「め組のひと」のキャッチコピーは、本当にイケてましたよね。



 め組のひと ラッツ&スター 






– くちなしの花 ♪カバー曲とオリジナル曲

「くちなしの花 」のオリジナル曲は1973年8月21日にリリースされ、渡哲也さんが歌唱しました。

「くちなしの花 」の週間オリコンチャートの順位は4位、1974年の年間チャートは7位でした。

累計売上は150万枚、全日本有線放送大賞金賞も獲得した渡哲也さんの代表曲です。

カバーは、渡哲也さんが追いかけ続けた男・石原裕次郎さんです。


 くちなしの花 石原裕次郎 


「後ろ姿に哀愁漂い、前を向いたら男がかおる……渡節…」紅白歌合戦の曲紹介は最高です!


 くちなしの花 渡哲也 


8月10日に逝去された渡哲也さんのご冥福をお祈り申し上げます。