LA・LA・LA LOVE SONG(ラ・ラ・ラ・ラヴソング)【1996年リリース】

「LA・LA・LA LOVE SONG」のオリジナル曲は、1996年5月にリリースされ歌手の久保田利伸さんと女性ファッションモデルのナオミ・キャンベルがコラボレーションした楽曲です。

「LA・LA・LA LOVE SONG」は、オリコンシングルチャートで1位を記録。
月9ドラマ『ロングバケーション』の主題歌に採用されてミリオンセラーになりました。

久保田利伸 with ナオミ・キャンベル名義でリリースしたこともあって、世界中のアーティストの皆さんがカバーしています。

BENIさんのカバーです。


BENI – LA・LA・LA LOVE SONG

当時、ニューヨーク在住中の久保田利伸さんが、同じマンションに住んでいたナオミ・キャンベルさんと偶然エレベーター内で対面したことをきっかけに、意気投合したことからコラボレーションに至った経緯は有名な話ですよね。^^!


久保田利伸 – LA・LA・LA LOVE SONG


青いイナズマ【1996年リリース】

「青いイナズマ」のオリジナル曲は、1994年4月にリリースされシンガーソングライターで音楽プロデューサーの林田健司さんが歌唱しました。

1996年7月にアイドルグループのSMAPが「青いイナズマ」をカバーして大ヒットしました。

(SMAPが歌う以前の1995年にKinKi Kidsが歌っていました。オリジナル曲は、キーが高かったそうで…)

「青いイナズマ」は、SMAPが5人体制になっての初シングル曲です。

SMAPとしては当時最高の売り上げを記録し、累計売上は81.4万枚。

オリコンの週間シングルチャートでは、初週に24.8万枚を売り上げて初登場1位を獲得しました。

SMAPの曲は、林田健司さんの曲よりキーが下がっているんだそうです。


SMAP  青いイナズマ

林田健司さんのオリジナル曲です。


林田健司 青いイナズマ


POISON(ポイズン)【1995年リリース】

「POISON(ポイズン)」のオリジナル曲は、1995年1月にリリースされギタリストで歌手の布袋寅泰さんが歌唱しました。

「POISON(ポイズン)」は、1988年から続いていたGUITARHYTHM(ギタリズム)プロジェクトの“最強・最後のシングル”としてリリースされました。

布袋さんのシングルとして最高セールスを記録していて、布袋さん自身がターニングポイントとなった楽曲として頻繁に挙げています。

作詞を担当したポルノグラフィティの森雪之丞さんのセルフカバーです。


ポルノグラフィティ POISON

フェルナンデス社製の白黒の幾何学模様のギターが布袋さんのトレードマークです。

この曲を聴いてグッときて、布袋さんのファンになった人も多いんじゃないでしょうか。


布袋寅泰 POISON


Hello,Again~昔からある場所~【1995年リリース】

「Hello,Again~昔からある場所~」のオリジナル曲は、1995年8月にリリースされ2人組の音楽ユニットMY LITTLE LOVER(マイ・リトルラバー)が歌唱しました。

「Hello,Again~昔からある場所~」は、180万枚を超えたマイラバの最大のヒット曲で、今でも聴く者の心をギュッと惹きつける名曲です。

主題歌となったテレビドラマが、諸般の事情で再放送・ソフト化ができない状況で今でも観ることが非常に難しいドラマになっています。

女性アーティスのカバーが目立つ中で、Uruさんを選曲してみました。


Hello,again~昔からある場所~ by Uru 

制作当初は、藤井謙二さんが単独で書き上げた時点ではサビ後半のフレーズは存在しませんでした。

「遠い昔からある場所」の部分で幕を閉じることになっていましたが、小林武史さんがそれをベースとして手を加えて完成させました。

マイラバのオリジナル曲…


Hello,Again~昔からある場所~/My Little Lover


サンキュ.【1995年リリース】

「サンキュ.」のオリジナル曲は、1995年2月にリリースされDREAMS COME TRUEが歌唱しました。

阪神・淡路大震災のチャリティーシングルとして緊急発売されたが「サンキュ.」です。

週間オリコンチャートでは2位。累計販売枚数は106.9万枚でした。

宮崎奈穂子さんの弾き語りのカバー…です。


サンキュ./宮崎奈穂子

ドリカムの数ある中の名曲ですが、この曲を聴いて癒やされたり元気づけられたりした方も多いんじゃないでしょうか。